ボビンレースonジュートバッグ

8月はもろもろバタバタしていたり、
コロナがデルタ株でシリアスな状況がどうなってしまうのやらと不安だったりで、気もそぞろに過ごしていましたらブログが夏休み状態となっておりました。

世の中がこんな状況ですし、
ワークショップも長めの夏休み状態が続いておりますが、
過去作の整理や製図&試作したりで、
おかげさまで(雨の日に犬の散歩で滑ってコケて、膝を打ってすりむいた以外は…滑らないワークマンの靴が買いたい!けど、外出自粛中でお店に行けない…靴はやっぱりフィッティングしないと…うるうる)ほどほどに元気です。

↓最近、ちょっと遊んでみたもの。
ボビンレースonジュートバッグ_f0108001_13430973.jpeg
ジュートバッグは渋谷西武さん(素敵に改装されたとニュースで見ました!落ち着いたら行ってみたいな)でWSしてたときに、ブルージュフラワーワークやトーションなどなどお好きなパーツや素材など使ったりしてアップリケして遊んでみては?と、ご参加の方々にお分けしていたのですが、
それ専用にデザイン起こしはしておりませんでした。

ふと先日、夜にスイッチが入って、
採寸してサイズに合わせて適当にモチーフを落とし込んで製図して、
コットンパール刺繍糸で翌朝試し織りしてバッグにのせてみたら、
フォーマット的に考えるのが楽しくなってきました。
ボビンレースonジュートバッグ_f0108001_13440763.jpeg
↑なんとなく合唱団っぽいので、Choir members
(急ごしらえなのでピン位置は今後修正予定)
お花っぽいトーションとか、
クリューニーやベッドフォードシャー、
太い糸でフランドルスとか、
もちろんブルージュフラワーとか、
可愛くできそう。

でも、ジュートバッグのカジュアルさ的に、
半日くらいで仕上げられるかんじのプロジェクトが
なんとなくバランスが良さそうだし、気分かなと。

ちょっと織って、飾って楽しむ。
そんなかんじで、あれこれ考えてみようと思います♡

# by lacecafe | 2021-09-06 14:14 | ボビンレース

HPに『DMCコットンパール刺繍糸でパターンを』追加しました

DMCさんのコットンパール刺繍糸でボビンレースを織るというのは、国内で過去に出版された書籍やパターン集では例がありませんでしたし、レースのお教室でも一般的に素材として採用されることはほぼ無かったのではないかと思います。
HPに『DMCコットンパール刺繍糸でパターンを』追加しました_f0108001_14381824.jpeg
↑糸に合ったゲージを探るところからのスタートでした

私自身、以前は刺繍糸で織るというのは全く考えたことがありませんでした。
ですが、いろいろな出会いときっかけで、
糸の美しさ、カラーバリエーションの豊富さ、扱いやすさが、自分の手がけるボビンレースのワークショップにぴったり!だと気づき、
今では定番で使用する糸となっています。

そんなコットンパール刺繍糸での取り組みについて書いてみました。

最初は、ほんとにできるのかな…と思いつつ、
でも、なんとなくいけそう…という予感のようなものに導かれるように、ちょうどいいゲージを探ることからのスタートでした。
思い返すと、冷や汗ものです…


# by lacecafe | 2021-07-19 14:39 | ボビンレース

HPに『ボビンレース活動歴』を追加

HPに、自分のボビンレース活動歴のページをつくってみました。
<7/12追記>

自己紹介、ボビンレースのレパートリー、

ITO-TOWAのこと、KOYORiBBON®︎のこと、

Three-line Samplerのこと、

のページを新たに掲載いたしました。

                   追記、以上。


プロフィールのページ(自己紹介に変更)は以前あったのですが、
ここ何年かのことが掲載されていなかったので、
ボビンレースの活動歴を年表風にまとめて
別ページにしてみました。

あっという間に駆け抜けた年月でしたが、
振り返れば、いろいろとあれこれやってたなぁと、
原稿まとめているとキリがなくなってきたので、
とりあえずアップ。

手を入れはじめるとエンジンがかかってきました。
(そういうタイミングに限って、やることモリモリなのはなぜ?うるうる)

# by lacecafe | 2021-07-11 21:12 | ボビンレース

HPにページを追加しました

コロナ禍でワークショップの開催が難しくなって、
もう1年以上が経ちました。
先の見えない中、環境も変化していき、
今後の活動をどのようにしていこうか、
いろいろと考えてきました。

このような状況下でも、私のWSを楽しみに
待っていてくださる方々がいらっしゃるんですよね(涙)
細くでも、長ーくがんばっていきますので、
よろしくお願いいたします♡
HPにページを追加しました_f0108001_22565828.jpeg
↑HPに掲載する用に、過去のpicをいくつかピックアップしてレイアウトしてみたものです。


現状、ワークショップその他の予定は未定だけれど、
HP、少しずつ充実させていこうと思います。

高校の時に、倫理の授業だったかで、
何かのテーマで文章を書いて提出して返却された原稿に、
哲学専攻の大学院在籍中の先生だった記憶があるのですが、

わかる人にわかってもらえればそれでいい、と、
伝える努力をしていない。

的なコメントが書かれていて。
たしかテーマが微妙で、
こねくりまわしてサッサとまとめた文章だったから、
そーいうこと、書くー?と、超ムカついたのでしたが、
なるほど、とも。

今の時代は、自分で、
写真を撮って、インターネット上などで見つけていただきやすいようさまざまな工夫をして、自分が伝えたいことを伝わりやすいビジュアルと言葉で発信していくのが普通の時代なんですよね。
目が疲れるから…と、
そういった作業を避けてきましたけれど、
せっかく生きているのだし、
こういったボビンレースの楽しみ方が喜んでいただけるなら、
なんらかの形で伝えるなり残すなり、
努力、しないと、と。

とりあえず、あまりに手を加えていなかった(使い勝手がよくわからなくて…)HP、ちょっとページ増やしたりしてみました。

写真、がんばろっ(と、気合いを入れてみる…)

# by lacecafe | 2021-07-09 23:58 | ボビンレース

麻糸で初めてのボビンレースを織っていただく用に考えたデザイン: こよりぼんフローレンス風

リネン糸の『こよりぼん™️』フローレンス風、2019年の写真。
One of the signature design series of mine “KOYORiBBON®︎“, woven with linen thread.
麻糸で初めてのボビンレースを織っていただく用に考えたデザイン: こよりぼんフローレンス風_f0108001_15112317.jpeg
このところずっと、麻糸から離れていたのですが、
ATELIER24PAIRSのシグナチャーデザインのひとつ、
織ったら即、そのまま結わえて使えるレースのおリボン
KOYORiBBON®︎(こよりぼん、と読みます)を
久しぶりに麻糸で織っていただく機会があって、
やっぱり麻糸、いいなぁと思って。

このpicは、2019年に渋谷西武サンイデーさんから
WSのお声がけをいただきご用意したものでした。

初めての方向けのワークショップということでお話をいただいたとき、単に体験じゃなくて何かモノに仕上げる…普通に考えれば無理筋よね…でも…なにかできたら楽しいよネ、と、
自分ならどういうものが欲しい?できたらうれしい?と、ひたすら考え抜いて。

1、最小限のボビン数で
2、焦らず時間内に仕上がる
3、かわいくて
4、使えるもの
5、で、かつて無いデザイン

1-4の超ワガママ条件を満たせば、
結果的に5になっていました。

アクセサリーをメインに考え始めたことでしたが、
picのこよりぼん™️も、そういったデザイン。

こよりぼんシリーズで一番最初にトライしていただくのは、
picに同じものが3本写っているフローレンス風のタイプ。

ボビンレースには様々な種類があるのですが、
そのひとつにフローレンスというのがありまして、
それはあまり一般的に知られている種類ではないので、
当然、お教室等で初心者さん向けで教えられているものではありません。

ですが、フローレンスに独特の意匠が、
普通は大きなデザインに埋もれているんですけれど、
実は単にそれだけでも可愛いし、ボビン数たった8本!
だから、かなり異例な試みだとは思いつつ、
可愛さ優先で初めてさん向けのデザインとして
チョイスしてみたものでした。懐かしいな…

この質感、ほんの小さなレースなのに凛として存在感のあるリボンとして成立するかんじ、麻糸って、すごい素材だとしみじみ。

コロナで落ち着かない日々が長引いていますけれど、
その先の楽しみのためにも、
Newなパターンの仕込み、がんばりますネ。

# by lacecafe | 2021-06-29 15:17 | ボビンレース