『ボビンレース』ボビンへの刺繍糸の巻き方動画

「ボビンレースを刺繍糸で織ろうとしたら、ボビンから糸がスルスルとはずれてしまって作業しづらいしストレス…」という方、いらっしゃいませんか?
このブログで数年前に投稿した、刺繍糸の巻き方アドバイスの記事が多く読まれていたようで、お困りの方、いらっしゃるかもと、YouTubeに動画を上げてみました☆



『糸の宝石』ボビンレース。
ボビンという可愛いお道具に糸を巻いて織る、
アンティークレースで知られる手芸を、
ITO-TOWA styleでは、DMCコットンパール刺繍糸など刺繍糸でわかりやすく簡単にお教えするワークショップ、という前例が無かった取り組みを、お声がけいただいたことをきっかけに、
2018年以来開催してきました。

一般的にボビンレース関連の本には、
ボビンに糸を巻くときは
いきなり糸をボビンにグルグルたくさん重ねて巻いて
最後だけ留める巻き方が掲載されています。

伝統的にボビンレースに使われてきた細い麻糸や綿レース糸は
その巻き方で十分留まるし、
ドイリーやハンカチなどサイズの大きなパターンを織るなら、
糸をたくさん使うから、それでOKなんですネ。

が、刺繍糸は、太かったり滑りやすかったりで、

糸がボビン上で滑らないくらい重ねてたくさん巻けばかさばるし、
『滑らせない用のために巻く糸』
=使い残しの糸が多く残ってもったいない、とか、

織っていて糸が残り少なくなってきたらスルスル滑って
ボビンからはずれがちで作業がしづらい…ということがあって、

動画のような2度留めを自己判断で推奨してきました。

ワークショップや日本ヴォーグ社さんの動画通信レッスン
CRAFTINGでは、ITO-TOWA styleならでは、
2度留めするのをお教えしています。

拙ブログやInstagramをご覧になって
刺繍糸でボビンレースにトライなさる方々がいらっしゃるとのことで、コットンパール刺繍糸など刺繍糸で織るボビンレースの楽しみに共感していただけたのかなと、嬉しく思っています。

が、刺繍糸は、一般的なボビンレースで使われる細い麻糸や綿レース糸と違って、太かったり滑りやすかったりで、ボビンへの巻き方次第で作業がしづらいということもあるかと、以前、拙ブログで巻き方アドバイスを記事に掲載しておりました。

ですけれど、あれは日本橋三越さんで初めてWSを開催した頃のことだから、もう5年くらい経つんですね。あっという間で、自分でビックリです。

ということで、改めて動画を掲載することといたしました。
今は以前よりも便利な動画編集の無料ソフトがあったりで
素人ですがテロップも入れられました!

一昨日、Instagramでひと足先に、テロップ入れる前の動画を投稿してみたら、再生回数が1万回を超えていてビックリなのですけれど、ご興味を持っていらっしゃる方々が多いのか、巻き方でお困りの方が何度も見返していらっしゃるのか、いずれにしても、どなたかのお役に立てていれば何より♡

刺繍糸でボビンレースにトライなさる方々のご参考になれば幸いです。

# by lacecafe | 2023-01-09 10:11 | ボビンレース

謹賀新年♡2023

あけましておめでとうございます。
謹賀新年♡2023_f0108001_14321854.jpeg
うちの犬に協力してもらいました🐾
来年は龍で再来年はヘビちゃん。
どうしよう…🤣

去年は、ある意味コロナ禍きっかけで日本ヴォーグ社さんの動画通信レッスンをリリースさせていただくことになったり、そのつながりでヴォーグ学園東京校さんとご縁がつながったり、と、新しい取り組みができたり、
コロナ禍を合間をぬってリピーターの皆さま向けのWSや
2年ぶりに京都糸六さんでのイベントに参加させていただけたり、と、それなりにバタバタとしているうちに…

試作用の素材や道具、資料、書類などなど、
あれこれ思いつけば思いつくほどに
カタチになるならないにかかわらず増えていくわけですが
整理が追いつかなかった1年ともなりました(猛省中)

で、去年の年末、やーっと一区切りついたタイミングで、これって糸の整理に良さそうだなーという収納グッズを見かけて発注!
謹賀新年♡2023_f0108001_14324510.jpeg
ボビンレースの試作でコットンパール刺繍糸のさまざまな色を使うから、その収納がずーっと特に悩ましい課題だったのですけれど、picのリヒトラブさんのCUBE FIZZ ハンドケースが便利そう💕と。

早速、仕分けしてみました。
好きな色が並んでいるのを眺めるだけで気分があがります💕

ざっくり分類で、コットンパール刺繍糸に限定せず25番刺繍糸とかも同じ系統の色はまとめて入れて。

エジプシャンコットンとアブローダーはまとめて、とか。

積んでもいいし、本棚に立てて収納もできるし、フレキシブルに使えるのも便利だし、
紫外線対策もできるし、中に何が入ってるかパッと見てわかるからラベリングするまでもないし、楽😆

今年は刺繍もいろいろしてみたいんだけど、時間があるのかしら🤣

早速、ボビンレースで試作しなきゃなので、
どの色、使おうかな🧵

良い一年なりますように🍀

# by lacecafe | 2023-01-04 14:51 | ボビンレース

年の瀬に

2021年のお正月にインスタグラムで、Janeさんの呼びかけで世界中のレース好きが毎日共通のお題で投稿するというLace Challenge 2021という試みがあって、私も参加させていただいたということがありました。

そのとき、『wabi-sabi』がお題の日があって、
まだワクチン接種も始まっていなかった頃だったんですよね。
歴史を振り返れば侘び寂びは天変地異に疫病に戦で疲弊した世の中で生まれていたコンセプトだったわけですが、同じような過酷な状況が続いていていたものですから、人の営みについて感じ入るものがありました。

そのときに投稿したのが
切りっぱなしのトーションレースたちでした。
年の瀬に_f0108001_20471254.jpeg
年の瀬に_f0108001_20482736.jpeg
年の瀬に_f0108001_20484191.jpeg
あれから2年近くが経って
今もボビンレースを続けることができています。
リピーターの皆さま向けのクローズドでのWSは
コロナ感染状況次第で臨機応変に継続しておりましたが、

今年は2月14には日本ヴォーグ社さんの動画通信レッスン
年の瀬に_f0108001_20493833.jpeg
『ボビンレースの小さなアクセサリーレッスン』がリリース
3月にはヴォーグ学園東京校さんでWSを開催。
11月には京都糸六さんでの『いとあそび展』にお声がけいただけて、2年ぶりの関西でのWSも開催することができました。

穏やかではない今の世の中で、何か自分が打ち込めることがあるというのは幸せなことで、さまざまな機会に恵まれていること、ご縁の不思議に感謝もですが自分なりにできることでプラスなことをアウトプットしていかなければと、来年もがんばっていこうと思います。

2021年のwabi-sabiの投稿では、コロナ禍を経て新しい価値観や美学が生まれるかもしれないしそういった明るい面に期待したいというようなことを書き添えました。

2022年は…そういったことは歴史上のの出来事でリアルタイムで関わることはないであろうと思い込んでいたような出来事がさまざまに起き、私は歴史の流れの中に生きているのだなぁとひしひしと痛感させられています。

美しいものを美しいと感じられるうちは、大丈夫
そんなことを昔から思っていました。

もし世の中が、何かで大変なことになったとして
そういうときにも、ひととき安らぎとなるような
心が明るくなるような、ワクワクするような
そんな取り組みが続けられますように。

# by lacecafe | 2022-12-30 21:52 | ボビンレース

『いととわ』のこと ITO-TOWA styleのボビンレース #いととわ

いととわ のこと。

『いととわ』という言葉、
これは、ここ数年取り組んできたボビンレースのワークショップ用のデザインレーベルに、と2019年にネーミングを考えてつくった「造語」です。

渋谷西武サンイデーさんからお声がけいただき、ボビンレースのワークショップという前例の無い取り組みに、いちから手探りで何をどうしようか迷い悩んでいた頃のことでした。
『いととわ』のこと ITO-TOWA styleのボビンレース #いととわ_f0108001_19290312.jpeg
今は、ボビンレースを楽しむスタイル提案が
私の活動の軸になってきているので、

ITO-TOWA style (いととわスタイル)

ITO-TOWA bobbin lace styles

ボビンレースのITO-TOWA (WS告知でレーベル名として)

といったかんじで使っています。

ボビンレースのワークショップ活動に向き合っているうちに、
伝統的なボビンレースを学んだり楽しむにしても、
ちょっと今の気分や時代を取り入れてみたり、
楽しみ方のスタイルの可能性を考えるようになりました。

一方で、日本人の私が西洋の手芸をするということの意味、
とも向き合ってきました。

糸と和
糸と輪
糸 永遠
糸とは
糸で永遠に好きなもの

さまざまな想いが『いととわ』という音の連なりに
乗せられる!

と、ふと降りてきたのでした。

主にリピーターの皆さま向けで
『いととわボビンレース会』も立ち上がり

ささやかな活動ですが
楽しく永く続けられるよう
がんばっていこうと思います。

ちょっと道に迷ってるかも、と思ったら

『いととわ』

というコトバに立ち返ることができる
道しるべのようでもあります。

大切にしているレーベル名について
ちょっとお話してみました。

素敵な糸の輪が広がっていきますように☆

#いととわ #ito-towa

# by lacecafe | 2022-12-16 19:32

バイユーレース試作中

↓先日、フランスのサルヴァドール先生のご本のバイユーレースの大きめなドイリーのパターンをコンパクトにして試作してみたのですが
バイユーレース試作中_f0108001_10150187.jpeg
大きいパターンを小さくすると、ちょーっと無理がありました。
模様の揺れが目立ち過ぎちゃって。

ので、修正したので、これから織りまーす。
バイユーレース試作中_f0108001_10151425.jpeg
最初から自分で同じようなデザインを製図する方が絶対に手っ取り早いし楽だけど、オリジナルの型紙の模様の揺れを活かしてみたくって💕ひと手間ふた手間かけております🤣

均一な模様を、ほどよく揺らすって難しいんですよ。
アンティークレースがしどけなく美しく見えるのは、
模様の揺れ要素も大きいと思う。

揺れ、というのは、
製図で使用する正確なグリッドからズレている
といったようなイメージのことを、
個人的に『揺れ』と言っています。

織り方自体も、少し修正します。
本の説明や図だけでは、すべては書いてないので、
バイユー(シャンティー)を習ったときの知識で補足。

型紙は、私はせっかちなので、
大概は穴あけしないでブルーフィルム貼って織ることが多いです(注: 事前に穴あけしておいた方が、楽に美しく織れます✨特に直線!)

午前中に終わらせたい❣️

# by lacecafe | 2022-12-15 10:21 | ボビンレース