9/8(日)午後は早めにスタートOKです〜

業務連絡です〜
明日9/8(日)の午後のボビンレースWS@渋谷西武サンイデーさんについて
たぶんワークショップの時間帯は大丈夫だと思うのですが、
台風が気になるところですネ。

◎午後のみご参加の方について、スタート前倒しをご希望の場合、
13時20分頃からお越しいただいてOKです^ ^

明日の午後は京都の糸六さんの絹糸でボビンレースを織る企画☆
先日の木曜日に開催した折の作品、色で遊べて楽しかったです〜
(大急ぎで撮ったので、色の再現性が残念なのですが、雰囲気だけでも…)
9/8(日)午後は早めにスタートOKです〜_f0108001_11061861.jpeg
9/8(日)午後は早めにスタートOKです〜_f0108001_11064600.jpeg
台風に大雪にインフルに(…)
ご予約キャンセルの発生は、これまでにありましたけれど、
開催のキャンセルはまだしたことがないんです。
明日も無事開催できますように☆

# by lacecafe | 2019-09-07 11:19 | ボビンレース

9月ボビンレースWS@サンイデー渋谷 業務連絡〜

9月のWS業務連絡〜


今月は

9月ボビンレースWS@サンイデー渋谷 業務連絡〜_f0108001_08540854.jpeg

◎午後の絹糸ボビンレースWS

ボビン7ペア14本と @itoroku2525 糸六さんの絹手縫い糸の好みの色とクッサンなどお道具をよろしくお願いいたします^ ^

*

◎午前中のプチリボン回WS

手ぶらご参加のお申込み以外のリピーターの皆さまは、

しおりキット、巻き薔薇🌹パターン、サンプラーの続きなど、

お手元にお持ちかリクエスト済み、

または私へのおまかせ内容ということになります〜

ボビンはmaxで8ペア16本のプロジェクトです。

糸は、しおりキットなど糸つきのプロジェクトではない場合、

何を持参しようか迷われたら、

とりあえず麻の80/2番を巻いてくればOKです😉


巻き薔薇は、麻80番以外でも織れるパターンですが、まずは麻で。

*

ということで、あれもこれもしたい〜

午前午後通し参加〜という皆さまは、

15ペア30本ご持参になったら、

糸を付けっぱなしで持ち帰ることができるので安心かも。

*

プチリボン回は、当分は8ペアあれば楽しめる企画を続ける予定(多めのはキットでリクエストベースにしようかなと😉)

*

どうぞよろしくお願いいたします💕


念のため、ご連絡まで。


# by lacecafe | 2019-09-03 08:59 | ボビンレース

決断量の管理ですか〜

猛暑の8月も、ようやく終わりつつ、あるかんじですネ。
秋といえば、オシャレの季節…
決断量の管理ですか〜_f0108001_08131572.jpeg
今日は朝っぱらから、なるほど…と思ったことがあって備忘録を。
あれもこれもパーフェクトになんて、そもそも無理よね♡と、自分をちょっと許せる気になれる話を、インターネット記事で見かけて。

細かい決断…例えば、着るものとか食べるものとか、冷房の温度設定や風速や、そんなことはもちろん、これから歩くとか全て何かその都度、判断すること含めて…って、
人間って、だいたい、1日に9000件くらいしていて、
10000件超えると、かなりキツいのだとか。

大きな決断をいくつも、というのは精神力使うなぁとは思うけれど、細かい決断は紙やすりで爪を削るみたいにメンタルをすり減らすんですネ。

だから、決断疲れをしない工夫として、
日々のお洋服をユニフォーム化したり、ルーティーンを日々に取り入れたり、日常に必要な品を厳選して買い物を減らしたり、そういうのって有効だそうで。

ボビンレースのワークショップをお引き受けするようになってから、
バンシュの製図って一般的に難しいと思われているけれど、
デザイン以外で新たな判断は発生しないから楽だなぁと、しみじみ。

大変なのは、簡単に楽しめる企画のデザインと、
基礎テクニックや基本的なパターンの教材づくりだったりして。
デザイン、サイズ、素材、手法、レシピの掲載内容やレイアウト、
伝わりやすい表示や表現方法などなど、
参考にできる前例が無いことをしているから、
なんだかんだいって、ずーっと考え続けていたりして。

普通は何度も通って習得していただくような内容を、ワークショップ形式だし一発でお伝えできるように、と、考えてやってる企画なので、
内容も資料も手を替え品を替え考えて工夫していますが、
なにぶん一発で習得できるように考えるのは、私の平凡な脳には相当な負荷がかかっていると思われ…

ということで、日々のお洋服やワークショップでの装い、
ユニフォーム化推進しちゃうかも〜(というか、自然と、そっち寄りに既になってるなぁ…)
ワークショップのときのランチは野菜ジュースとかに決めてたのも、
自然とそうしていたのかも。

思えば、お仕事いただくようになって、
インスタグラムを始めたり、HPも、とか、告知用の写真撮影も自分で撮るし、あれやこれやと新しいことをいちからいくつも同時進行でここ2年くらいしていて、

デザイン自体も、これまで知らなかった異分野の素材や
手法も取り入れるようになって。
デザインを考えるのは、たぶん、ドーパミンかエンドルフィンかアドレナリンか(笑)出てるんでしょうね、全くストレス無く、ずーっと考えていられるし、
その部分は求められている中で一番大切な部分だろうと思うから、
そこをすり減らさないようにするには…

決断量の管理☆
とっても大切なことだなぁと。
当たり前といえば当たり前なのですが。

今の時代は、時代の流れが加速に加速を重ねていて、常に新しいことに直面して生きる、そんな日々を誰もががんばって送っているわけで、
もう、ホント、サバイバルな日々ですよね。
これって、とっても脳に負荷がかかってる状態。
でも、日常に紛れていると、そのことに気づかないうちに、
決断疲れしちゃう。
そうなると、当然、能率が下がって、悪循環に。

とりあえず、シンプルに生きること、
よりシンプルに暮らせる何かに気づいたら、
取り入れてみようと思います☆

上に貼った写真のレースは、
バンシュ体験4回目あたりにトライしていただくボルチェのパターンで
麻の80番で織ったもの。
3line styleでの提案ですが、こういったプチなバックルに通すと、
いろいろ使える用途が広がるし、何よりお手軽(笑)
お仕立て要らず。

トーションでなら…とか、考え中です^ ^
備忘録まで。

# by lacecafe | 2019-08-28 09:21 | ボビンレース

糸や色次第で

糸や色次第で_f0108001_23023827.jpeg
渋谷西武サンイデーさんでのボビンレース・ワークショップでは、
毎月、午前の回に、プチリボンでボビンレースを楽しむWSを開催しています。

午後は隔月で、バンシュ・レース体験(トーションご経験者の方向け)と、初心者の方から楽しめる企画ものWSを順に。

午前のプチリボン初回は、ボビンレース初めての方向けということで、フローレンス風プチリボンにトライしていただいています。
糸や色次第で_f0108001_11573406.jpeg
何気ないおリボンに見えますが、
中ほどを細く織ることで結んで楽しめるオリジナルのデザイン。
写真左のものは、フローレンスと呼ばれている古典的なボビンレースでよく使われる織り方のひとつ(他の種類のレースでも同様の織り方は見られます)なので、
フローレンス風、と便宜上、呼んでいます^ ^

この織り方は、プチなフレーム仕立てでもかわゆいものですから、ブローチ仕立てなどのご提案もしています。
糸や色次第で_f0108001_13252369.jpeg
で、これまではもっぱら麻糸でのご提案だったのですが、
色糸…DMCさんのcoton perleとの相性がいいなぁと♡
それで、クリスマスのオーナメントをイメージして…
糸や色次第で_f0108001_23023827.jpeg
パターン起こししています。

プチリボン回ご参加2回目からトライしていただけます。
これまでにプチフレームやブローチなどご経験済みの方には楽々なプロジェクトですので、ご希望の方はワークショップご参加の折にお声がけくださいネ。

たとえば、オレンジと黒ならハロウィン風とか(笑)
シンプルなデザインほど色次第で遊べるなぁと、
こういったことも、ワークショップをさせていただくようになって、
ご参加いただく皆さまと出会って気づいたことで…

ひとりでできることは限られているなぁと。
いつも有難うございます☆

# by lacecafe | 2019-08-23 23:29 | ボビンレース

9月ボビンレースWS@渋谷西武

夏真っ盛り、お盆ですネ。
こう暑いと、お昼はエスニック系の麺類か冷や奴か…(笑)

トムヤムクンとかフォーは、好みのインスタント素材やペーストが見つかって(かるでぃサマ)。
熟睡できない日々で、どうも調子が出ないし、と、
お昼頃に気合いをいれるべく熱々の麺をスープたっぷりで。
お湯で1分で戻せる短くカットされたビーフンが楽で、麺はビーフン(笑)
で、シャワーして気分スッキリさせて午後〜

それはそうと、
9月の告知が渋谷西武のサンイデーさんでスタートしています。

9/5(木) 9/8(日) ボビンレース・ワークショップ

◎午前:プチリボン ボビンレース初めての方から手ぶらで体験
◎午後:糸六さんの絹糸でボビンレース トーションレースご経験者向け

お申込み&お問い合わせ 渋谷西武サンイデーさん
tel:03-3462-3324

↓サンイデーさんのサイト
9月サンイデー渋谷スケジュール

午後の絹糸のボビンレースは、
京都の糸屋さん、糸六さんの絹手縫い糸をサンイデーさん店頭で好みの色をご購入いただき、ご参加いただくかたちになっています。
繊細なカラーバリエーションが素敵なので☆
写真は一色ですが、Fanの部分だけに別の色を使用可能なパターンです。
9月ボビンレースWS@渋谷西武_f0108001_11381598.jpeg
絹糸でボビンレースを織ると、艶など質感、肌触りがとても良くて、
使う用途が広がるなぁと。
ですが、ちょっとした工夫がいくつか必要なことに試作中に気づき、
そんな工夫をミニパターン(写真 手前)で体験していただく企画。

タッセル風仕上げや、ループ仕立てなど、
アクセサリーにするのに便利なテクニックもデザインに取り入れています。

一見、簡単そうに見えると思いますが、
トーション・レースでは普通は使わない小技、効かせてます〜

模様としては、告知ではShell Fan ですが、
Simple Fanバージョンのミニパターンも当日選べます。

写真上(参考作品)のように両端をタッセル風にして長く織ればチョーカー的に楽しめますし、そんなヒントも当日シェアさせていただきますネ。

---------------
午前中のプチリボン回は、始めたばかりの方から、サンプラーをいくつかクリアされてきた方々まで、お楽しみいただいています。

8月は、猛暑で体調を崩された方々や、電車が止まっちゃったり、など、キャンセルが。
こう暑いともろもろ大変ですよね。
皆さまどうぞご自愛くださいませ♡

ご案内まで。

# by lacecafe | 2019-08-13 12:31 | ボビンレース

お知らせ&もろもろ

夏本番!とくれば、ボビンレース好きにとっては、
高原や海外に逃亡するかエアコンのお世話になるインドア満喫な時期〜
8/1、8/4は、渋谷西武のサンイデーさんで、
涼しくボビンレースのワークショップ☆
満席回もありますが、ご興味おありの方は
お問い合わせは
渋谷西武サンイデーさん tel:03-3462-3324です。

で、最近は今後の試作もろもろと、目先のテキストづくりで、
かなり手いっぱい状態^ ^;

初心者の方向けのテクニック解説もですが、
糸の種類のオプションを増やしたことで、
ちょっとかなり、想定外の状況となっております〜

で、せっかくだからあれもこれもとパターンを思いついたら
一般に入手しづらい糸の場合はキットにしたり
アクセサリーとかなら好みのパーツ探しとか
どれもこれもボビンレース的にかつての例を私が知らないことばかりしているので、何もないところから何かを思いついてカタチにするっていうプロジェクトを、いくつも同時進行状態。

デザインを考えること自体は好きでやることですし
試作やパターン起こしは、別にそんなに時間がはかからないのですが、

あ、簡単でかわいい…とか、実際使える初心者さん向けプロジェクトは、思いつくまでもだし、思いついてからカタチにできるまで、運良くいろいろ降ってこない場合は、かなり時間がかかるかも…

で、レシピ化、マニュアル化、が、
ペーパーに落とし込むフォーマットから一から考えるので、
まとめる中身はわかっていても、どう表現するか、図示するか、
たぶんマンガ家さんとかイラストがお得意な方にとっては一瞬の作業かも、ですが、私にとっては、
考えている時間と〆切のせめぎ合いの日々でございます…

うまくいくといいなぁ…

で、Newなことでいうと、糸六さんの絹糸のワークショップを秋に予定していまして、プチリボンのサンプラーでリリース済みのSimple Fanのパターンも、絹糸で織ってみたらいいかんじなので♡
プチリボン回のリピーターの皆さま、サンプラーでクリアされたら絹糸でアクセサリーとかチャームにしたりしてお楽しみいただけるかと♬
お知らせ&もろもろ_f0108001_15114006.jpeg
バンシュ回は、4回めの方は、モチーフの基礎練習とボルチェのセットで
おやつイメージのサンプラーです。
一応、3 LINE styleで。
本当はカップは、コーヒー豆とかとセットでデザインしてあったのだけど
コーヒー豆は微妙に難しいので、またいつか♡
お知らせ&もろもろ_f0108001_15133829.jpeg
4回めから、拡大パターンで何本もになるので、
ブルーフィルムのご持参お願いいたします。
無い方は500円でWS時に。

7月のWSは、欠かさずご参加の皆さまや、初めてorときどきご参加の皆さま、いろいろなことをなさるようになってきて、
出来上がったものの一部を…
お知らせ&もろもろ_f0108001_15140524.jpeg
お知らせ&もろもろ_f0108001_15131573.jpeg
↑バンシュ回ご参加のKさま、
こんなふうに撮ってくださってうれしいです〜

皆さまそれぞれ思い思いに楽しんでいただけるので、あれこれ手を出してみたくもなるというものです。

9月のお申込みは8/1スタートです。
お申込み&お問い合わせは、渋谷西武サンイデーさんまで
tel:03-3462-3324

# by lacecafe | 2019-07-28 15:36 | ボビンレース

業務連絡〜プチリボン回で筆記用具

渋谷西武サンイデーさんでのプチリボン回ワークショップでは、
回数を重ねることで、プチリボンやサンプラーのバリエーションに
トライしていただき、ボビンレースのテクニックを広く体験していただけるようプログラムを考えています。

目標は、テクニック図を自分で理解できるようになり、
自分の好きなパターンを見つけて、それがカラーコードのテクニック図であれば自力で織れるようになることだったりします。

徐々に慣れていくのもいいですが、
テクニック図の理解に即効性のあるのが、
自分でも描いてみること♡
業務連絡〜プチリボン回で筆記用具_f0108001_12020760.jpeg
ご自宅でトライできるように、simple fan のパターンには、色ぬりしていただけるようなものもつけてありますが、
ご自宅でするのが億劫な方、
どんなふうに描くのかWS で体験したい方は、

紫、緑、赤、の3色が当面は必要なので、

サインペン、ボールペン、色鉛筆など、
いずれかで3色をご持参くださいませ☆

あと、メモ用にシャープペンシルがあると便利です。

写真の筆記用具は、ご参考まで^_^

# by lacecafe | 2019-07-12 12:13 | ボビンレース

3 Line Style...ボビンレースも3行フォーマットで

梅雨の貴重な晴れ間。
今日は風が爽やかで、夏がずっとこうだったらいいのに…と。
3 Line Style...ボビンレースも3行フォーマットで_f0108001_08502728.jpeg
写真のレースは、DMC coton perle で
夏気分の何かを、と試し織りしたもの。

バンシュ体験のワークショップでもお披露目しましたが、
サンプラー的に織ったボビンレースを3本レイアウトするスタイル。

3 Line Style

日本の俳句は3行詩の有名なフォーマットですが、
なんだか3行で構成を考えるのは以前から好きで、
数年前から温めてきたボビンレースの楽しみ方なんです^_^
きっかけは、パターン集を練っている中で、
気軽に織って飾れるスタイルを考え始めたことでした。

渋谷西武のサンイデーさんのご協力もあり、
ワークショップの場で活用できてホッとしています…

で、プチリボンのワークショップにリピートでご参加されている皆さまが、メキメキと腕を上げてこられているので、
せっかくだからトーションでも♡と。

DMCさんのディアマント使用のサンプラーは以前、
少し難しめなテクニックの詰め合わせで、
展示用にフープ仕立てにしたものがありますが、
デザインがはまると、とっても見栄えしてくれます。
3 Line Style...ボビンレースも3行フォーマットで_f0108001_21585234.jpeg
とてもハレ感のある華やかさ。
ただ、糸の特性から、デザインはやはり限られるかと思います。

これは、fanの練習をするのに、ご用意してみた
紫陽花イメージの色糸キットのサンプル写真。
ハーフステッチとリネンステッチのsimple fan用。
3 Line Style...ボビンレースも3行フォーマットで_f0108001_09451867.jpeg
3 Line Style...ボビンレースも3行フォーマットで_f0108001_09445543.jpeg

で、ミニマムで、飾れて、雰囲気や気分を演出できるものを…
と、考えた時、やっぱり、色、が要素として大きいなと。

で、スペシャル感がある糸の質感、見栄えする糸の太さで、
ボビンレースにしたときにある程度の繊細さも醸し出せるもの…
となると、

DMCさんのcoton perle が、
今のところ私にとってはbest choice、かも。

ハーダンガーや、かぎ針編みなどで使われることが多いそうですね。
ということで、私はここ1年くらい前に存在に気がついたという糸なのですが、糸自体が本当に美しくて、扱いも楽で。

こんなふうに、トーションでも3行スタイルで、
バリエーション展開予定でいます。

ただ、トーションは、デザインの自由度が低いから、
できることや、好みの意匠が限られるし、
そういった意味で、どこまでバリエーションを示せるか…
あれこれ考えようと思います〜

なんだか今朝の気分にぴったりだったので、
サックスブルーのレースをアップしてみました。
ずいぶん久しぶりにコクトーの詩が、ぽっと浮かんできたりして…

Mon oreille est un coquillage
Qui aime le bruit de la mer.

私の耳は貝の殻 海の響きを懐かしむ

# by lacecafe | 2019-07-05 09:40 | ボビンレース

DMC coton perle 刺繍糸でボビンレース

ふと思いついて試作…
DMC coton perle 刺繍糸でボビンレース_f0108001_19484927.jpeg
Torchon Ground だけでも、色糸で遊ぶと楽しそう♡と。
ボビンレース未経験の方でも、サンイデーさんでのプチリボンのワークショップ3〜4回ご参加で、トライしていただけるテクニックです。

DMCさんのcoton perle 8番で、
ミントチョコとかグレープとかソルベとかイメージしたカラリングで。
ワークショップ時にリクエストがあったら、オプションで、糸を必要なだけカットしてキットをご用意しようかなと検討中です☆

2色なら、セッティングが楽でしょ?^_^
先月のSimple Fanのは、紫陽花イメージでイメージ優先だったので、ちょっと難易度高かったかも…と。

個人的に、チョコミント、お気に入りな組み合わせ発見で、うれしいです🎵

これ以外にもあれこれ試作していたら色糸のついたボビンが中途半端に残ってしまって、適当にボビンをリレー形式で(笑)、テープ状に織ってみたら、これも面白いかんじ。
DMC coton perle 刺繍糸でボビンレース_f0108001_19491399.jpeg
梅雨で微妙な空模様ですが、好みの色を織りあげていくインドアな楽しみにはぴったりかも。

# by lacecafe | 2019-06-29 20:05 | ボビンレース

<追記あり>7月ブローチ&糸六さんの絹糸でボビンレース

夏至も過ぎて1年の折り返しに近づいてきましたネ。
今年は渋谷西武のサンイデーさんからお声がけいただいて
ボビンレースのワークショップを毎月開催させていただくことに。

7月は、午前がプチリボン、午後がサークルモチーフのブローチです。

<追記> 7/4(木)は、午前午後とも満席
7/14(日)は、午前午後とも若干お席あるとのことです 6/27時点

午前のプチリボン回は
ボビンレース初めてさんからご参加いただける企画な一方で、
リピートご参加でメキメキと腕を上げていらっしゃる方々の為と、
過去にお教室に通われていて既にトーション・レースの基礎を学ばれている方向けに何か…と、先々のパターンを考えるわけですが、
サンイデーさんでお取り扱いのある京都の老舗糸屋さんの糸六さんの絹糸が、ボビンレースに相性が良いことを発見して☆

この絹糸は綺麗に仕上げるコツがありまして、WSでコツをお披露目予定

例えば、こんなかんじ…とか。
<追記あり>7月ブローチ&糸六さんの絹糸でボビンレース_f0108001_08100747.jpeg
<追記あり>7月ブローチ&糸六さんの絹糸でボビンレース_f0108001_08104138.jpeg
↑糸のカラーバリエーションが豊富なのですが、とりあえず生成りの糸で
照りが美しいんです〜

<追記>
前回、このタイプのをする〜って糸をご購入だった
トーション・レースご経験者のお2人さまへ☆
10ペア20本のボビンにペアの状態で糸を巻いてきてくださいませ〜
追記、以上。
<追記あり>7月ブローチ&糸六さんの絹糸でボビンレース_f0108001_08113323.jpeg
↑ネックレスにしても…ネックレスのパターンは、もうちょっと練り中

生成りの絹糸がこのホタテ感あるトーションのパターンに質感がピッタリで♡
これらはリピートでご参加の方向けで、ご参加時に次回のプロジェクトをご相談するかんじで運営しています。

7月の午後回は、初めてさんが手ぶらでご参加可能なブローチを。
<追記あり>7月ブローチ&糸六さんの絹糸でボビンレース_f0108001_07395532.jpeg
サークルモチーフなので、通常でしたら極細対応のかぎ針で細かい作業が必要なところを、アクセサリー金具を使いますし、つなぎ目部分は隠れるので(!)
magic threadというテクニックで簡単に仕上げます。

magic threadというのは、ボビンレースでは上級者さんがトライするお花系レースで習うことのあるテクニックなのですが、
かぎ針作業はできれば避けたい…(笑)という方には、
目からウロコで楽チンなテクですし、初心者さんこそうれしいかな〜と。
残席は、まだあるようですので、ご興味おありの方は
渋谷西武サンイデーさん tel 03-3462-3324 にお問い合わせくださいませ。

ちなみに、このブローチは、
プチリボンご参加初回にトライしていただく、
フローレンス風プチリボンの織り方をアレンジしたものです^ ^
ベルギーの麻糸でパリっとハリのある仕上がりに。
<追記あり>7月ブローチ&糸六さんの絹糸でボビンレース_f0108001_07393162.jpeg
ボビンレースで単発で毎月ワークショップ?
そういうことって可能なの?
というような試みを一から組み立てて半年近く。
関係者の皆さまのご支援が無かったら、無理な企画でした。

それから、ご参加の皆さまには素敵なご縁をいただき、
お教えしているようでいて、
実は私自身が多くを学ばせていただいているかんじです。
ワークショップの出し物(違)は、ご参加の皆さまのご様子やリクエストから、デザインの落とし込みやパターンの書き起こしをしているものが多くて。

やっぱり、せっかくいらっしゃるのだから、
ちょっとしたサプライズ要素は入れたいな〜とか。
仕上がった時の皆さまの笑顔や、え、あー、そういうふうにするんですかー!といったビックリ顔が、ワークショップを企画する上での私の楽しみだったり励みでもあったりで♡

どうしたら伝わりやすいか、通常のお教室の教材だとワークショップ形式では対応しきれないので、効率よくトライしていただけるように独自の教材を工夫したり試行錯誤するわけですが、
こんな私におつきあいくださっている皆さま、
いつもありがとうございます♡

それから、これから初めまして、な皆さま、
渋谷西武のサンイデーさんは、とても居心地よくて素敵な素材類がたくさん品揃えされている場所です。
お声がけいただいている限りは、
ボビンレースのインターナショナル共通のテクニック図を理解できるようになって自力で楽しめるようになるお手伝いをさせていただこうと思っています。

世の中には既に多くの素晴らしいパターンの数々が出版されています。
そういったお話もさせていただいています。
7月は、午前午後とも、初めての方々が手ぶらでご参加可能でご予約していただきやすくなっていますので、
お知らせまで☆

次のバンシュ体験は8月を予定しています〜


# by lacecafe | 2019-06-25 09:28 | ボビンレース