8本のボビンならボビンレースもやさしい

はじめまして、のご縁が増えてきたので少し自己紹介を。

YUKIと申します。


難しくて敷居が高く

ワークショップは無理だと思われてきたボビンレースを

コンテストでの受賞をきっかけに

日本橋三越さんで初めてさん向けにワークショップ形式で

と2017年の夏の終わりにご依頼いただきました。


もともとはアンティークレースの書き起こしなどが好きで

自分の趣味を極められたらハッピーだったので

教えることは考えていませんでした。


ボビンレースを一から短時間でお教えするのは

かなりの難題で無理〜と思う一方で


子供の頃にピアノのレッスンで

どんなに難しい曲もゆっくりなら弾ける

徐々にスピードアップすればイメージ通りに弾けるようになる

つまらない練習曲も自分でアレンジすれば楽しめる

そんな風に学んでいたことが思い起こされ


いきなり細い糸で大量のボビンだと心が折れてしまうけれど

工夫すれば、きっと、できるはず!と


そこからITO-TOWA styleのプロジェクトは始まりました☆


その後、難しい要素を削りに削って

最初は4本のボビンから

基本のステッチも、たった8本のボビンで

わかりやすく美しい質感も楽しめる

DMCコットンパール刺繍糸で学べるカリキュラムなどに

行きつきました。

日本ヴォーグ社のオンラインレッスンにボビンレースのアクセサリーをリリース

気軽にやさしくステップアップ形式で

楽しんでいただけるよう考えたデザインによるワークショップをメインに

ボビンレースに親しんでいただけるプログラムを

動画通信レッスン(日本ヴォーグ社)や

講座形式(ヴォーグ学園)などさまざまな形態で展開しています。

7929FF25-BAE7-43FC-B37C-13C7C8727D9E.jpeg

そんなボビンレース初めてさん向けの内容に取り組む中で

楽しみ方のスタイルやデザインのコンセプト

独自のノウハウが見えてきたので

ITO-TOWA style と名づけました。


糸で永遠に好きなもの

日本人がボビンレースを手がけるということ 糸と和

糸がつないでくれる人の輪 和 etc...

4D464569-E2FE-403C-8F20-7EEE31B963FE.jpegCCDB268F-C8FC-44F5-A3A3-C79519A8B07E.jpeg329FF1A0-8724-4069-865C-7298DF324A51.jpeg

そういったさまざまな想いに向き合いつつ

次は何をしようかな…と

今は秋の展開の詰めの作業中です。


YUKIのHP

ボビンレース活動歴


10月に阪急うめだ本店セッセギャラリーで

ワークショップ予定です。


東京でもオープンなWSを月曜日に準備中。

詳細ご案内は、また改めて。


# by lacecafe | 2023-08-27 12:01 | ボビンレース

ヴォーグ学園東京校でビギナーズ講座

2023年10月からヴォーグ学園東京校さんで
「12本のボビンで学べるオリジナルサンプラー」をご用意し
ボビンレースに基本からトライしていただけるお講座を
お引き受けすることとなりました🍀
ヴォーグ学園東京校でビギナーズ講座_f0108001_17090739.jpeg
10/22、11/5、12/10、1/28、2/25、3/24 の
日曜日午前の全6回を予定しています。

今回は、

「わかりやすく無理なく可愛く基本をきっちり💕」

をテーマにカリキュラムを考えました。

ITO-TOWA styleならでは🧵
DMCコットンパール刺繍糸をメインで使用し、
わかりやすいよう超拡大パターンもご用意。
伝統的に使われている麻レース糸用の小さなサイズのパターンなどにもトライしていただけるよう企画しています☺️

お申込みは8/1(火)13時から
ヴォーグ学園東京校さん へどうぞ。




お道具はお手持ちのものを使っていただけます。

※織る台(ピローとかクッサンと呼ばれるもの」は、pic3枚目のように平たいものか薄くドーム状のものでしたら対応できます(円筒形のタイプのものは専門外ですのでご留意くださいませ)

日本ヴォーグ社さんからリリース中の『ボビンレースの小さなアクセサリーレッスン』のキットをお持ちの方は、それがそのまま使えます👍

お持ちでない場合は、
お好みの市販品をご用意いただいてもOKですし、
必要な方にはコンパクトなスターターセットをご用意予定ですので、詳しくはお申込み時にヴォーグ学園さんにご確認くださいませ。

あと、『ヴォーグ学園は初めて』という方限定とのことですが
お申込み時に「YUKIのInstagramを見た」と
東京校さんにお伝えすれば、
受講料が3000円お得にしていただけるそうです😉

ヴォーグ学園さんからは以前からお声がけいただいていたのですが、コロナ禍がようやく落ち着いてきてのタイミングとなりました。

私でもできますか?と、
不安げにおっしゃる方々と多く出会ってまいりました。

どんなに華やかで複雑なボビンレースも
初心者の頃に学ぶ基本の積み重ねでできています☺️
ヴォーグ学園東京校でビギナーズ講座_f0108001_17325796.jpeg
↑写真のレースたちはさまざまな手法のものが混ざっていますが、
どんな種類のボビンレースを後々なさる場合にも取り組みの礎となるよう、基本テクニックや国際規格の色指定による織り方図の見方などをお伝えできれば幸いです🍀
(左上のお花はいずれも師匠からいただいた型紙の一部を抜粋したもの。あとはオリジナルです)

# by lacecafe | 2023-07-31 17:34 | ボビンレース

夏にもボビンレースを

今朝はちょっと涼しくて、ホッとひと息。
あっという間に6月は過ぎ去り、7月ももう下旬。
いろいろな出会いに恵まれてバタバタ過ごしておりました。

夏といえば透け感のあるレースの使われたファッション、
いいなーと思うのですが、自分で織ったものとなると…
汗が気になって肌に直接は避けたくもある
酷暑で湿気むんむんな日本の夏。

ご縁があって沈殿藍で染める藍染めを
させていただける機会があって、初心者の頃のあれこれを
試しに染めてみたら、藍って加熱しないでも染まるし
本当に簡単に綺麗に染まってビックリ!
夏にちょうど良い雰囲気の藍色に染まりました。
じゃぶじゃぶ洗っても大丈夫だったし、
ほどよいブルーに染まったし汗をかいても気にしないで済みそう。
夏にもボビンレースを_f0108001_08024750.jpeg
↑これは麻糸で織った小ぶりのストールで
もう型紙もテクニック図もどこかへ行ってしまって
どなたのデザインか不明なもの。
そのまま織るのがつまらなくて、好みのブルー系のビーズを
スカラップ部分にあしらっていたのですが
それがちょうど藍の色と近くて
まるで20年近く後にこうなるためだったかのようで。
色的に使いづらく仕舞い込んでいましたが、
これからは折々で活躍しそうです。

タートルネックの半袖やノースリーブのトップスや、
picみたいにつけ襟風にあしらうかんじでなら安心♡
夏にもボビンレースを_f0108001_07422485.jpeg
DMCコットンパール刺繍糸8番用にデザインした
つけ襟風ネックレスを
今月、リピーターのTさまが仕上げられたのでパチリ☆

彼女はエクリュをチョイスなさって、
それがちょうど肌なじみが良くお似合いでした!
うれしい♡

最近はボビンレース+α系のことをいくつか考えねばならず
あーでもないこーでもないと素材ジプシーをしています。
締切ギリギリまで粘ってみようと思うけれど
さてさて、うまくいきますように☆

# by lacecafe | 2023-07-23 08:25 | ボビンレース

『いととわボビンレース企画室』と命名してみました☆

コロナ禍も抜けつつある今日この頃

4月末には日本ヴォーグ社さんからのお声がけで
日本ホビーショーでボビンレース体験WSを、

6月初旬にはアンティークレースのコレクションや
著書を出されるなどご活躍の市川先生からリクエストいただき
DMCディアマントグランデでつくるボビンレースのリングの
WSを開催予定だったりと
※受付はInstagramのDMのみとさせていただいています
『いととわボビンレース企画室』と命名してみました☆_f0108001_13575269.jpeg
初めましての皆さまとの出会いが増えてきました🍀

ボビンレースは海外の愛好家の皆さまが多くいらっしゃる手芸なこともあって、もっぱらアルファベット表記ベースで活動名やパターン名などネーミングを考えてきましたが、

ITO-TOWA style

日本で活動する上で伝わりやすいネーミングがあった方が、
関係者の皆さまも呼びやすいだろうなとは、
ずーっと気になっておりました。

が、なかなか良いネーミングが降ってこず…

で、やっと、わたしってこんなかんじ、というのが
降ってきました😊

『いととわボビンレース企画室』

糸で永遠に好きなもの、和、輪…など
さまざまなコンセプトを込めた『ITO-TOWA』

ITO-TOWA styleのボビンレースを企画運営する際の
ATELIER24PAIRSの部門名です。

※現状「ひとりアトリエ/ひとり企画室」なのですが一応🤣

で、私は、いととわボビンレース企画室の案内役
というかんじで😉ボビンレースに親しまれる皆さまを
ナビゲートできればいいなぁと思います。

引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。


# by lacecafe | 2023-05-21 14:00 | ボビンレース

『ITO-TOWA』はプロジェクト

ボビンレースのワークショップをお引き受けして以来ここ数年
その時々の流れやご縁に沿って活動してきて
コロナ禍でヒヤヒヤする暮らしも出口にさしかかり
ホッとひと息ついています。

あまりじっくりと考える余裕もなくて
なんだかしっくりこないままにしていたことが
やっと今日、スッキリ。

伝統的なボビンレース+α
『ITO-TOWA』はプロジェクト_f0108001_17270914.jpeg
↑シャンティーレースの技法で
薔薇だけ織れればいいなと考えて
チュール地を省略すべくブレスレット仕立てに。

なことを提案することが増えてきたときに
そういったものを伝統的なレースとは分けて
デザインレーベルということで

ITO-TOWA

というレーベルで括って提案しようと思って
そのままにしていたのですが

私にとって『ITO-TOWA』はレーベル名ではなく
私のボビンレース活動におけるプロジェクト名(!)

ボビンレースでITO-TOWAなことをする
プロジェクト。

だと今ごろになって整理がつきました。

糸で永遠に好きなもの
糸とは…
我…
そこからイメージすること
大切にしたいこと…

『ボビンレースプロジェクトITO-TOWA』

ワークショップ開催したり
いろいろなデザインを考えたりスタイル提案したり。

ITO-TOWA bobbin lace workshop
いととわボビンレースワークショップ
ITO-TOWA bobbin lace styles
いととわボビンレース会
ITO-TOWA style
ITO-TOWA bobbin lace

ITO-TOWAなコンセプトで括るとスッキリ!

肩書きもなんだかスッキリしたものが思いつかず
ずっと困っていたのですが
ボビンレースの愉しみのナビゲーターというのが
自分にはちょうど良いとも気づきました。

ボビンレースをなさる方々が行きたい方向へ
アドバイスしたりアシストしたり。
自分自身も何か新しいことや面白いことを考えて
地図の無い道を進んでいくのでしょうし。
ナビゲーターが、ちょうどいいかんじ。
『ITO-TOWA』はプロジェクト_f0108001_17272482.jpeg
リアルの薔薇も美しい季節ですネ。
引き続きがんばります。

# by lacecafe | 2023-05-08 17:38 | ボビンレース