こより、KOYORiBBON™️、浮世絵に描かれたもの…

紙縒り🍀 こより、は浮世絵にも。

こより、KOYORiBBON™️、浮世絵に描かれたもの…_f0108001_18122978.jpeg

紐状のこよりを、願いを込めて手首に結ぶ女性に、

耳つき紙縒りをつくってるっぽい女性…

KOYORiBBON™️, the new style of bobbin lace I invented,

is named after the Japanese traditional paper string “koyori”.

*

紙縒りって、日本人でも意外と知られていないかも、

とご指摘がありまして、

浮世絵からピックアップ(美術館や大学のデータベースから🍀感謝です〜)

*

結んで使うなら…🤔と考え抜いた時、

無駄を省いたら、このカタチになりました。

こより、KOYORiBBON™️、浮世絵に描かれたもの…_f0108001_22251030.jpeg

ボビンレースの歴史は何世紀にもわたり長いですが、

こういうカタチ、スタイル、フォーマットは意外とこれまで無かったので、

“KOYORiBBON™️”としてデザイン展開することになりました🎀

※商標登録出願中

*

プチリボンWSもバンシュ体験WSも、このカタチのおリボンでスキルアップしていただいています🌱

*

さまざまな使い方、デザインが可能なので、

気軽にボビンレースを楽しんでいただくきっかけづくりになれば💕と、思います。

*

現状、“KOYORiBBON™️”は、

ATELIER 24 PAIRS または itotowa style のワークショップのみでのパターン・リリースとなっていますが、

今後、関西方面その他の地域の皆さまにもお届けできる方向で鋭意準備中です🍀

Yuki


# by lacecafe | 2019-11-25 18:20 | ボビンレース

こより紙縒りKOYORiBBON™️ by Yuki ATELIER24PAIRS

こより紙縒りKOYORiBBON 🎀

こより紙縒りKOYORiBBON™️  by Yuki ATELIER24PAIRS_f0108001_22251030.jpeg

Original bobbin lace style or patterns “KOYORiBBON™️”


Why “KOYORiBBON™️”?

From Japanese traditional paper strap or string “koyori”.😊

思えば、子供の頃に母に教わった”紙縒り”風、でした🍀

*

日本人の私がボビンレースをデザインするということに向き合ったとき、はじめにしっくりきたのが、

何百本もボビンを使用する複雑華麗なアンティーク・レースで知られるベルギーのボビンレース

“バンシュ・レース”を、ミニマムに24ペア=48本のボビンで織れる幅のリボン状に製図することでした🎀

それから…

結んで気軽に楽しめるボビンレースのおリボン

リボンとリボンの間を紐状にひと続きに仕上げるプロジェクト


Ribbon for Knot 改め “KOYORiBBON™️”


レースが片側だけのハーフタイプや、

ビーズをあしらったヤドリギ風などなどバリエーション展開いたします。

*

HPなどもお引越し、新設して工事中です🍀


今週日曜日は、ラップブレスレットのワークショップ増設日程です。

キャンセルが入ったそうで、若干お席があるようです。


お問い合わせ&お申込みは

渋谷西武サンイデーさんになります。

tel:03-3462-3324



# by lacecafe | 2019-11-20 22:40 | ボビンレース

お花のレースをブローチピンに合わせたら…

渋谷西武の手芸材料やご本で溢れる7階のスペース、

サンイデーさんでのボビンレースWSでは、

何十年も既にボビンレース歴がおありの方々から、

初めてトライされる方々まで、さまざまなバックグラウンドの皆さまとご一緒させていただいています。


で、皆さまそれぞれのニーズがおありなので、

じゃあ、こんなかんじ、どうかしら…などと、

新しいデザインを考えることもあったりして。

お花のレースをブローチピンに合わせたら…_f0108001_08360645.jpeg

このお花はブルージュフラワーワークの伝統的なモチーフのひとつを、ワークショップ用にアレンジしたもの。


以前、別のものを考えていた時に探してあったけれど使わずそのままになっていたブローチピンがありまして、

まるい形と花芯…もしかして、いける?(笑)と、

そのピンのサイズにぴったりになるよう工夫してみました。

*

一般的にはレースのテクニックで花芯は埋めるケースが多いところを、当初、ビーズか刺繍に置き換えて…🤔と思っていたのですが、金具の透け具合をチェックしようと花びらだけの時点でのせてみたら…

真ん中の開きがデザインになってモダンな印象に。

*

そのうちワークショップでリピーターの方向けにリリース予定🍀

簡単なパターンです😉

*

11月はワークショップが多くて7コマありまして(いつもは4コマ)

回によってお席がまだあるようです。


ご興味おありの方は、

渋谷西武サンイデーさん

tel:03-3462-3324まで。


# by lacecafe | 2019-11-06 08:44 | ボビンレース

11月はWS盛りだくさん

11月は通常のボビンレースWS以外に、
渋谷西武サンイデーさんの秋のクラフトウイークスというイベントにも
お声がけいただき、スペシャルワークショップも開催。

秋のクラフトウイークス

通常のワークショップ

お申込み&お問い合わせは
渋谷西武サンイデーさん
Tel:03-3462-3324 まで

クラフトウイークスのラップブレスレットの回は、すでに満席で、
日程増設となり、若干お席があるとのこと。
増設日程:11/24(日)14時〜

その他の回の残席状況については随時変動がありますので、
サンイデーさんにお問い合わせくださいませ。

ちなみに、サンイデーさんでのプチリボン回に
今後ご参加を考えていらっしゃる場合、
初回は麻糸使用のフローレンス風プチリボンなのですが、

11月については、
クラフトウイークスの特別ワークショップということで
DMCさんの刺繍糸の2色づかい&ツリー風オーナメントキット付きの
フローレンス風リボンの回でもお楽しみいただけます。
11月はWS盛りだくさん_f0108001_23102504.jpeg
織ったレースを早速アップリケしてお楽しみいただけるよう
アイシングクッキーをイメージして♡

11月はWS盛りだくさん_f0108001_23105575.jpeg
宿り木のチャーム
リーフがサイズ不揃いとかでも可愛く見えるデザインに☆

11月はWS盛りだくさん_f0108001_23095676.jpeg
11月はWS盛りだくさん_f0108001_23150036.jpeg

すっかり涼しく、というか一気に秋が深まってきましたね。
風邪に気をつけてがんばります〜

# by lacecafe | 2019-10-28 23:18 | ボビンレース

10/13(日)WSは19(土)に

明後日の渋谷西武サンイデーさんでのWSは、

非常に強い台風19号の影響が大きくなる可能性が高く、

午前午後とも満席ということで、開催取りやめではなく、

後日19日(土)開催となりました。

日程調整や皆さまへのご連絡をサンイデーさんにご尽力いただいております(いつも有難うございます)

*

先だっての台風では甚大な被害が…交通網も大変なことに。

念のため、私も養生テープを発注しました。

雨戸の無い窓に貼ると割れ飛び散り予防になるのだそう🍀

できる備えはしておこうと思います。

*

10/13(日)WSは19(土)に_f0108001_17511193.jpeg

picは先日のWSで撮らせていただいたものです🍀

バンシュ体験WS用に考えたRibbon for Knotを、アクセサリーパーツでchicなペンダントにして使ってくださってる方が✨

励みになります🎀

プチリボンWS初回でトライしていただくフローレンス風のRibbon for Knot を、ご参加2回目にして早速イヤリングにアレンジしてご参加くださった方も❣️(撮るのうっかりしちゃいました😭)

*

13日、皆さまには安全第一ということで、どうぞよろしくお願いいたします🙇‍♀️


# by lacecafe | 2019-10-11 17:52 | ボビンレース

<業務連絡>WSリピーターの皆さま向け

早いもので間もなく10月。
来たる10/3(木)は、渋谷西武サンイデーさんで
午前プチリボン、午後バンシュ体験ワークショップを予定しています。

で、ご参加の方々で、トーション・グランドの栞のキットをお持ちで
まだなさっていない方々がいらっしゃいますので、
10/3は、次に進む前にそれをしちゃいましょう☆
たぶん、30〜90分で仕上がると思うので、
それプラス、何かの続きや、次の何かを、
というかんじでいけると思います^_^
<業務連絡>WSリピーターの皆さま向け_f0108001_19484927.jpeg
栞が織れるようになると、プチギフトにも使えますし♡
ボビンレースの栞は、なんとなくポピュラーなイメージがありますが、
長年学ばれてこられたご経験者の方々にチラホラうかがいますのは、
教わる機会やレシピ掲載された和書が意外と無いみたいですので、
この機会に是非。

ちなみに、キットは、ATELIER24PAIRSのワークショップのリピーターの皆さまで、トーション・グランドを織れる(ようになった)方々向けでオプションでご用意するものになっています。
オーダーはご参加時のアンケート用紙にご記入頂き、
次回以降にお渡しする形になっています。

バンシュ体験の方は、私が個別で準備内容を指定していない場合、
22ペアを切りっぱなしでいいのでご持参いただければ、
当分OKです(進度によって使用本数にバラつきはありますが、とりあえず)

以上、業務連絡でした☆

# by lacecafe | 2019-09-29 15:24 | ボビンレース

”ito-towa”

今年は、半世紀折り返しイヤーということもあり、感慨深いものがあります。
ここ数年は、ボビンレースの活動で、素敵な出会いやご縁に恵まれ、
至らないながらも精一杯できることを、と、デザインや制作、教材作成などに向き合ってきたのですが、
(あ、先日、夢で、アトリエ24ペアーズのテキストは手描きで残念!と、ご批判いただく夢を見ました…伝わりやすさを考え抜いてつくっているのですが、私は私ができる以上のことは一人では不可能ですので…とはいえ、自分でも気になってるから夢で自分を批判したんだろうな…)
”ito-towa”_f0108001_13005790.jpeg
このブレスレットを発表させていただいた2015年の時点では、
予想もしていなかった未来に、
ちょっと、立ち止まって、考えてみようと…

活動の幅やデザイン内容も、当初思っていたよりも広がりまして、
今後のことも考えて、
活動に合ったうつわを、と。

ito-towa

というユニット名を、今後導入予定でいます。

ATELIER24PAIRS という屋号は、
最高難度だし…と諦めてしまわれる方々のために、
気軽にバンシュ・レースを楽しめるように、
たとえば、24ペアでも、バンシュ・レース気分でトライできる提案を☆
という初心が詰まった名称ですので、
アトリエ名はこのままです。

名前も、Yuki、です。

ユニット名と言うと、どういうこと?というかんじですが、
イメージとしては、印、のようなもので、

ito-towa 印
ito-towa スタイル
ito-towa 関係

といったイメージで使う予定です。

コンセプトなどは、また改めて。

先日の台風がらみだの老朽化だので、住まいがあちこちエマージェンシー状態(ちょっと大げさ)
平和で安全で快適に暮らせる有り難み、しみじみ思い知らされますね。
がんばります〜

# by lacecafe | 2019-09-23 13:28 | ボビンレース

宿り木をオリジナルパターンに

ボビンレースのリーフにトライしたい♡というリクエストが目立つので
不揃いでも可愛くて使えるプロジェクトを…とデザインしてみました。
宿り木をオリジナルパターンに_f0108001_16250138.jpeg
”Mistletoe” =ヤドリギをイメージして、ビーズもあしらうパターン。

ヤドリギはヨーロッパで古くから神聖な植物として各地で親しまれてきた植物で、クリスマスにも縁があるということで、この時期に。

日本でも、山歩きをしていて見かけます。

手前のものが、ミニマムなチャーム仕立てのデザインで、
あとは、枝を増やしたり、長くしたり、と、さまざまにシリーズ展開できるよう考えついたパターンです。

こういったパターンは、意外と無かったんですよね。
ボビンレースをアクセサリーにデザインされている方々は海外に多くいらっしゃいますが、アート系かゴージャス系、アンティーク調の方がほとんど。

糸の質感とビーズの質感、組み合わせがぴったりなので実現できました。
去年の私ではデザインできなかったもの。
実は、数年前に、パターン集用に、似たコンセプトのデザインをいくつか試作していたのですが、今ひとつ決め手に欠けていて、ずっと寝かせていたんです。

ワークショップをお引き受けして、リピーターの皆さまや関係者の皆さまと時間をご一緒させていただく中で出会った素材づかい。

ですが、シンプルで簡単なプロジェクトは、
似たものが無いかチェックしなきゃですし、
シンプルなほどにバランスが少しでも違うと残念な感じになるし、
一筋縄ではいかないもので…自分なりにかなり頭をひねって、
締切ギリギリでポンっと降ってきました(笑)

11月あたりのサンイデーさんでのワークショップでお披露目することになると思います。

# by lacecafe | 2019-09-17 16:47 | ボビンレース

白馬方面で

夏山と紅葉の合間の静かなタイミングに、白馬方面で山々を散策。
ゴンドラとかリフトとかで数百メートル楽できるから、
今回はのんびり楽しめました。
白馬方面で_f0108001_15582602.jpeg
白馬方面で_f0108001_16014069.jpeg
晴れたり曇ったり、めまぐるしい山の空模様
白馬方面で_f0108001_15565676.jpeg
白馬方面で_f0108001_15521861.jpeg
白馬方面で_f0108001_15541351.jpeg

白馬方面で_f0108001_15554495.jpeg
白馬方面で_f0108001_15562536.jpeg
人影まばらな自然園では、のんびり植物観察ができて♡
冬へと移ろっていく始まりのタイミングが新鮮に感じられました。
白馬方面で_f0108001_16000835.jpeg
白馬方面で_f0108001_16010712.jpeg
パープルっぽい松ぼっくり
白馬方面で_f0108001_15572561.jpeg
八方尾根では雲が斜面を這い上がってきて…幻想的
白馬方面で_f0108001_15592991.jpeg
栂池自然園から見えた大雪渓
白馬方面で_f0108001_15544957.jpeg
白馬と反対側は、ずーっと晴れていました。

子供の頃から植物は好きで、小学校の夏休みの宿題で山で採取した植物を押し花にしてアルバムをつくったのが懐かしいです…

部屋でさまざまな色の糸を眺めながらデザインを考えることが多いのですが、結局のところ、私が選ぶのは、いつか見た色、いつか見た何かの記憶の中の色合いであることが多いように思います。

そして、それは自分が好きな風景や植物やモノなので、なんとなく、
気がつけば、お気に入りの糸の色番ばかり手に取っていたり。

もっとさまざまな何か好きなものを見つけていけるといいな。

# by lacecafe | 2019-09-17 16:23 | 日々のこと

9月WSのお写真

台風で開催が危ぶまれた回もありましたが、
渋谷西武サンイデーさんでのワークショップは無事終了。

仕上がった作品が多くて撮りきれていないのですが、
記録まで一部を。

トーション・レースの伝統的な意匠を気軽に学んでいただけるように、
プチリボン回のワークショップは超ミニマム(笑)な
サンプラー形式をメインにしています。

そして、ひとつのサンプラーが織れるようになったら、
ちょっとしたデザインアレンジを加えたり、糸の種類や色次第で、
ドイリーやチャームやアクセサリーなど楽しみの幅が広がる…
そういった提案をしています。
9月WSのお写真_f0108001_15001671.jpeg
プチなドイリーも糸始末までキレイに仕上げて☆
絹糸のボビンレース体験は大人気でした。
9月WSのお写真_f0108001_15013132.jpeg
9月WSのお写真_f0108001_15010520.jpeg
アクセサリーをつくるのがお得意な方々には、あ、そんなパーツがあるんですね〜(そのアクセサリーは撮り損ねちゃいまして、今度撮らせていただこうかなと)と、ディープなパーツ話をうかがったり、私も学ばせていただいています♡

10月は、午前がプチリボン、午後がバンシュ体験

11月は、アクセサリー企画がいくつかとプチリボンを予定

また改めてご案内いたします〜

やっと11月分の撮影(自分で撮るんです…これが一番、実は苦手なプロセスかも…)がすべて終了!
いよいよ来年のワークショップの内容について詰めに入ります。
早いものですネ。

9月WSではプチリボン回にお二人、新たにご参加がありました。
ワークショップ形式ですから、ご都合の良い時にご参加いただけるようになっています。ときどきキャンセル待ちになることもありますが、皆さまマイペースでお楽しみいただければ幸いです☆


# by lacecafe | 2019-09-12 15:30 | ボビンレース