ボビンレースを織る台も地域ごとにpart1

世界各地のボビンレースの情報は、
それぞれの国や地域のレースセンターやギャラリーのウェブサイトで、多く観られるようになってきました。
(私がボビンレースに興味を持った20年くらい前は、もうほーんとに情報砂漠な分野でしたから、自分で検索していても楽しい♪)

たとえば、
日本語で「ボビンレース」で検索しても、いろんな先生方やコレクターの方々による解説サイトが見られますし、そこで気になったレースの種類があったら、
その言語でのスペリングで検索するわけです。
そうすれば、さまざまなアンティークレースの写真や、現地の先生方や美術関係の専門家の方々の記事などが写真付きで山ほど楽しめる、そういったかんじ。

原文が読めない場合、最近の無料翻訳ソフトって、すごく賢くなってるから、翻訳ソフトを使えばけっこう読んで楽しめるかと思います♡

たとえばベッドフォードシャーレースで、私がとても
好きなThomas Lesterのコレクションを多く収蔵している
セシル・ヒギンズ・ギャラリーのサイトでは、
クイズ形式のページも。
↑男性がなさってる様子も新鮮ですが、織る台もベルギータイプとは随分違ったりして、興味深い歴史的な写真が掲載されていたり。

ちなみにベルギーのブルージュのレースセンターの
いろいろ参考になりそうなページはこちら↓
↓フランス語が読めなくなても、眺めてるだけで楽しい
バイユー•レース(シャンティー•レースとテクニックが共通)のサイト





現地の言葉で検索すると、どんどんディープな情報にアクセスできるので、楽しみが広がります☆


by lacecafe | 2022-01-25 20:03 | ボビンレース
<< レースの種類が一覧で見られる! ボビンレースは本探しも楽しい >>